子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

【V】驚異の利益率62.9%!超優良米国株ビザについて、初心者向けに紹介

【V】驚異の利益率62.9%!超優良米国株ビザについて、初心者向けに紹介

「外国株を始めてみたいけど、正直まだ勝手がわからない…初心者でも始めやすいテーマと、銘柄について分かりやすく紹介してほしい。」

株式はテーマが多く存在し、テーマごとにそれぞれ特徴があります。

まだ慣れていない初心者のうちは、市場自体の安定した成長が見込めるテーマを選ぶことがかなり重要な要素になってきます。

そこでおすすめできるのが、キャッシュレス産業です。

キャッシュレス市場は、今後拡大していくことがほぼ確実といわれています。

本記事では特に、世界的ブランド【V】(ビザ)についてご紹介します。

同社はとても順調に成長を続け、安定感も随一です。

一方、右肩上がりの株は買い時が難しいともいえます。

一時的な株価下落のタイミングを逃さないよう、今後の動向に注目が必要です。

<本記事の内容>

●     Vについての基本情報

●     Vが、外国株初心者にもおすすめできる理由

Vは、世界トップレベルの決済高を誇るクレジットカードブランド

Vは、世界200か国以上でクレジットカード決済事業を展開する世界的大企業です。

サンフランシスコに本社を構え、認証ネットワークを通じて世界各国で安定した収益を確保しています。

主な事業内容は、電子決済関連サービスの提供

2018年におけるVの売上げの構成

  • サービス手数料(2%)
  • データプロセス手数料(6%)
  • 国際取引手数料(8%)
  • その他(6%)

地域別でみると、米国外の売上が50%を超えています。

売上げが一か所に依存しないのは、良い傾向といえそうです。

キャッシュレス市場の動向

キャッシュレス市場は、拡大の一途をたどっています。

日本でもキャッシュレス化が叫ばれているように、市場拡大の動きは世界中で過熱していくといわれています。

最近、米国株式市場は少し不安定な印象を受けます。

しかし、仮に不況に陥ったとしてもクレジットカードの需要が無くなるとは考えられません。

Vにおいても、クレジットカード産業の安定した収益を保ちつつ、新たなキャッシュレス事業への参入・展開が期待できます。

また、Vの競合は【MA】(マスターカード)ですが、両社が世界的に展開していることで参入ハードルは非常に高くなっています。

その影響で、寡占事業に近い状態になっているのが現状です。

この点からも、今後の安定的な収益が予測されます。

【財務状況など】圧倒的な売上高・営業利益率

世界に分散した売上・驚異の営業利益率

Vの最大の特徴が、目を見張る【営業利益率の高さ】です。

利益率の高いクレジットカード産業以外ではなしえない、驚異的な数字を叩き出しています。

しかも、売上利益は右肩上がりで増え続けています。

売上高(単位:USドル・Mil) 営業利益率(%)
2016年 15082 64.7
2017年 18358 66.2
2018年 20609 62.9

最大の競合他社である【MA】(マスターカード)よりも高い利益率を誇ります。

この規模の事業でありながら、ここまで利益率の高い企業は他にありません。

配当は漸増している

売上げに比例して、配当も全体的にみて非常に安定した増加の傾向にあります。

配当落ち月・配当月

Vの配当落ち月・配当月はこちらです。


配当落ち月
:2月・5月・8月・11月
配当月
:3月・6月・9月・12月

EPS(一株利益)とDPS(一株配当)

EPS(単位:USドル) DPS(単位:USドル)
2016年 2.48 0.56
2017年 2.8 0.66
2018年 4.42 0.82

EPSは、2018年に大きな伸びを見せています。

DPSについても、2009年の0.1ドルから比べると8.2倍に成長しました。

配当性向について

配当性向(%)
2016年 23.4
2017年 23.6
2018年 19.1

ここで注目したいのは、【2018年に配当性向が下がっている】点です。

下の増配率の表にありますが、Vは2018年に24.2%の大幅増配をしています。

にもかかわらず、同年に配当性向が減少しているのは、経営の優秀さを証明するものに他なりません。

高い増配率を維持しながら、10年連続で増配

Vは、10年連続で増配を記録しています。

これだけでも十分優良株といえますが、それだけではありません。

増配率も非常に高い数値を記録しています。

直近の増配率がこちらです。

増配率(%)
2016年 16.7
2017年 17.9
2018年 24.2

連続で増配を重ねながら、しかも20%近い増配率を維持しています。

増配によって株主に還元する姿勢が強く伺えます。

配当狙いの銘柄としても向いているといえそうです。

基本情報からわかる、Vがお得な3つの理由

これまで見てきた基本情報をもとに、Vがおすすめできる理由についてまとめました!


:世界トップクラスの安定感

:圧倒的な利益率

:安定した増配も期待できる

世界トップクラスの安定感

市場・企業ともに屈指の安定感があります。

利益も世界に分散しており、これ以上ないくらい安定した銘柄という印象です。

圧倒的な利益率

Vの利益率の高さは他の企業と比べて圧倒的です。

売上高も順調に増加しており、株主としてはかなりリスクの低い銘柄といえます。

安定した増配も期待できる

連続増配銘柄としても優秀なV。

配当性向も20%近くで推移しており、まだまだ余裕が伺えます。

今後も、積極的な株主還元が期待できそうです。

競合大手・【MA】(マスターカード)とはここが違う!

ここまでVについてご紹介してきました。

ここでは、最大の競合であるMA(マスターカード)との違いについても少し触れておきます。

一言でいうと、最も大きな違いはこの点にあると考えられます。

  • 【MAはVよりも成長力が高く、大幅な伸びが期待できる一方で大幅に下がるリスクもVよりも大きい】
  • 【VはMAほど伸び率に期待できないが下がりの規模も小さく、MAよりも配当狙いの銘柄として向いている】

同じクレジットカード産業ではありますが、それぞれに長所が存在します。

あなたの投資傾向に合った方を選択するか、両方購入するという手もあります。

それだけの価値がある銘柄です。

まとめ

世界的にみても、ここまで安定した企業は珍しいです。

既に世界を牽引するクレジットカード産業でありながら、今後の成長にも期待できます。

まさに、長期的に保有する銘柄としては最適。

ぜひ、購入を検討してみることをおすすめします。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.