子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

飲食優待を狙うなら【3223】エスエルディーがお得!kawara CAFE&DININGやポケモンカフェも!

「株価を見たり、事業の動向を分析するのは大変。それよりも、株主優待が充実している方が嬉しい!美味しいご飯が食べられる、お得な優待制度のある銘柄が知りたい!」

本記事は、こんなあなたのための内容です。

そもそも株主優待とは、【たくさん株を買ってくれた人に付く特典】のようなもの。

「○株以上保有している株主にはこんな特典がつきますよ」

というような条件の場合が多いです。

もちろん飲食優待をもらえる銘柄は多くありますが、どうせなら本当にいいお店で使いたいのが本音。

エスエルディーなら、同社のおしゃれな飲食店で使える割引券が毎年もらえるようになります。

<本記事の内容>

●       エスエルディーの事業内容や、運営している店舗について

●       エスエルディーの優待制度がおすすめな理由

エスエルディーの特徴

【より多くの人を人々を楽しませる】というコンセプトの元に、音楽・アート・食事を融合させて、幅広い事業を展開しています。

本部主導ではなく、店舗ごとが主導してお店を

エスエルディーの主な事業内容は、飲食サービスの提供

エスエルディーは、関東(特に東京)を中心にサービスを展開しています。

サービスの内容としては、大きく分けるとこちらの2種類です。

  • 飲食サービス
  • コンテンツ企画サービス

主な飲食サービスのご紹介

エスエルディーがどんなサービスを展開しているか、2つほど代表的な例を挙げます。

店舗は東京が圧倒的に多いです

  • kawara CAFE&DINING

kawara CAFE&DININGはエスエルディーの主力事業であり、優待券が利用可能です。

【アート】と【音楽】、【自家製】にこだわり抜いた食事空間を提供しています。

暖色のライトが照らす落ち着いた雰囲気の中、目に映るのは鮮やかなアート。

豪勢な食事が、一層美味しく感じられます。

  • ポケモンカフェ

あの有名なポケモンカフェは、エスエルディーが運営しています。

木を基調とした癒しの空間で、可愛いポケモン達に出会えます。

ポケモンのスイーツ・ドリンクなどの豊富なメニューに、ポケモンのグッズ販売もしています。

まさにポケモン尽くし。

ポケモン好きにはたまらないお店です。

(※ポケモンカフェは優待券利用可能店舗対象外です。)

エスエルディーの優待をもらう方法

ここでは、エスエルディーの株主としてどうすれば優待を受けられるようになるのかご紹介します。

対象となる株主

優待制度の対象になるための条件はこちらです。

  • 2月末日時点で、エスエルディーの株主名簿に株主として記載されていること
  • エスエルディーの株式を100株以上保有していること

前者の「株主名簿に株主として記載されている」という言い方は少し回りくどいので、少し補足です。

これはつまり、2月末の時点で【法的に正式な株主であること】が求められるという意味です。

※基本的には問題になりません。

優待の内容

優待の内容は【お食事券】です。

1枚2000円相当で、Craft Liquor Standとライブハウスを除く、エスエルディー直営の飲食店ならどこでも利用できます。

このお食事券は、保有する株式の数が増えるほど、もらえる枚数も増えます。

●     100株以上:1枚(2000円相当)

●     300株以上:5枚(10000円相当)

●     500株以上:10枚(20000円相当)

エスエルディーの株価の傾向から、10万円程度の金額で100株購入できます。

それで毎年2000円分のお食事券がもらえるようになるのはもちろん、株を保有するあらゆるメリットも得られるということです。

この優待券の発送時期は5月下旬で、有効期限はその年の6月1日から1年間です。

エスエルディーに配当は期待できない

エスエルディーの配当月は2月ですが、これまでほとんど配当をしていません。

そのため、配当狙いの場合はおすすめできません。

まとめ

エスエルディーの飲食優待でできるのは、ただの食事ではありません。

どの店舗も、他にはないオリジナリティを追及しています。

これまで食事の引き立て役だったアートや音楽はその存在感を増し、調和して、全体が一つの作品のようになっているのです。

現状、使える店舗は都内に集中していますが、これからさらに拡大していくでしょう。

五感で満喫できるカフェやダイニング、バー。

エスエルディーの優待券で、ぜひ一度体験してみてください

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.