子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

平日は朝は早くて帰りは遅いパパ!子どもがパパに寄り付かなかったら大ショック!大好きパパって言わせたいパパ必見!

我が家は、住む場所を子どもの教育環境や住環境を重視した為、主人の職場が遠くなってしまったのが、原因で主人が、平日に子ども達と過ごす時間はほぼなくなりました。
子ども達が起きてくる前の朝早い時間には仕事に出かけ、子ども達が寝てから、夜遅くに仕事から帰ってくる生活です。その様な生活なので、泊まりの出張だとしても、言わなければ、全くパパがお泊りしていることには、子ども達は気が付きません。平
日に育児の参加や手伝いなんていう生活は望めず、私正直、手伝ってほしい、でも、不可能だから、しんどいと感じていました。そして、当然、子ども達もパパと過ごす時間が少ないから、パパになつかないという事態でした。さらには、週末も私と過ごすことを望むので、休めないという負のループ…。
住環境は二の次で、主人の職場の近くに引越ししようかとも考えましたし、悩みました。でもやっぱり住環境は大切!という結論に至ったのです。ならば、<子ども達がパパになついて、パパのことが大好き!と言わせてしまおう>という私の偉大なミッションはそこから始まるのです。

さて、この偉大なミッションを遂行するために、私がどの様なことをしたか。週末だけしか一緒に過ごさなくても、十分、パパが大好き!と土日はパパと過ごしたがる。よって、私はフリーデー。そんな夢の様な日が来るのです。さて、大まかには、3つありますので、徐々に書いていきますね。

どれだけ、パパの存在を常に感じることができるか?

まず1つ目は、平日の生活で、<どれだけ、パパの存在を常に感じることができるか>ということを実行します。明日から、いえ、今からでも出来るとっても簡単なことです。パパがお家にいなくたって、会話に、パパを沢山出すのです。例えば、「パパは今頃、電車に乗ってお仕事へ行っているかな?①」や「パパ、今頃、お仕事頑張ったから、お腹すいたーってお昼ご飯を食べているかな?②」、そして、「パパ、今頃、帰りの電車かな~?③」という具合です。さらには、パパが言っていても言っていなくても(言っていたなら、言っていたことを)パパからの子どもへの愛のメッセージを付け加えると更に二重丸なできです。例えば、①に付け加えるなら、「『〇〇ちゃんと△△ちゃんのために頑張るぞー!』って、言っているかな。」「〇〇ちゃんと△△ちゃんのおもちゃや可愛い服を買うために頑張るぞーって言っているかな。」という風です。②なら、「『きっと〇〇ちゃんと△△ちゃんたちもモリモリご飯を食べているかな』ってパパも思っているね。」という風です。③なら「『早く〇〇ちゃんと△△ちゃんたちの可愛い寝顔を見て、隣で寝たいよー』って、思っているね。」や週末なら、「『明日と明後日が待ち遠しいー!〇〇ちゃんと△△ちゃんたちと遊ぶの楽しみ!』って、思っているね。」などです。子ども達は、パパの生活を想像しながら、更に、パパからの愛情を間接的に感じることができます。

どれだけパパに感謝の気持ちを抱けるか?

2つ目は、<どれだけパパに感謝の気持ちを抱けるか>です。

ご飯をいただく時も、3人でいただくのですが、その際も「パパがお仕事頑張ってくれているから、おいしいご飯がいただける」やお買い物した時も「パパがお仕事頑張ってくれているから買える」など、パパの存在のお陰で、と感謝を口に出して子ども達に伝えることも大切です。言うタイミングは、どんな時でも良いですし、何かきっかけがある度に、初めの方は言うのですが、そのうちに、子どもから「パパのお陰やね。ありがとうやね。」などと言う様になります。さらに、効果的な伝え方は、子ども達が感動している時です。「楽しいー!」や自分の物を買ってもらって「嬉しいー!」、いつもと違う物を食べたり、外食したりの時に「これ、美味しい!」と子ども達がいつもよりテンション高めの時にすかさず「本当、美味しいね。パパのお陰ね。」という具合です。あとは、「ママ、連れてきてくれてありがとう!」とか「ママ買ってくれてありがとう!」と私にお礼を伝える時にも「今度、週末にパパに会った時に、パパにもお礼言おうね」と伝えます。子ども達もパパのお陰で幸せな生活を送れる実感がわきますし、それをパパに伝えることで、また、パパが嬉しい気持ちになります。

どれだけパパは楽しいことをしてくれる存在と感じられるか?

3つ目は、<どれだけパパは楽しいことをしてくれる存在と感じられるか>です。とても簡単です。とにかく週末はパパと過ごしてもらうことです。なるべくなら楽しく過ごしてもらえたら最高ですが、そこは欲張らなくても大丈夫です。一緒に過ごしてくれさえすれば、あとは、天才な子ども達が、ママのことは大好きだけど、ママと違ったパパの良いところをなんでもみつけくれます。パパはママより優しい、パパといれば何か買ってもらえる、おやつが多く食べられるなど、パパは甘やかしてくれる、パパといれば楽しい所に連れていってくれる、などなど…。普段はゆるゆる、甘々なパパ、でも、叱る時はしっかり厳しく叱ってくれる。それで、良いのです。パパとママが同じである必要はないのです。違うし、たまに叱るパパだから効き目があるのです。違ったパパとママを両方大好き、それで良いのです。

まとめ

この3つを繰り返し続けていたら、自然と「パパ大好き!」「パパ面白い」「パパ優しい」「早くパパと遊びたい」「早くパパとお出かけしたい」「週末に早くなってほしい」など言い出します。そして、更には、「パパと毎日一緒にいたい!」「パパのお仕事が土日で、月~金がお休みだったら良いのに」「パパのお仕事、週休5日にして!」とかまで言い出します。パパもそこまで言いわれたら、パパ名利につきますね。そして、ママのミッションは大成功!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.