子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

子どもの野菜嫌いを克服したい!攻略方法ワンツースリー

子どもの野菜嫌いを直すのはなかなか変えるものは難しいものです。

しかし、偏った食事を摂らせたくない、健康的でバランスのとれたご飯を食べてほしい
と親心に強く願うものでもあります。

この記事では、どうすれば子どもが野菜嫌いを克服できるのか
そのコツや方法について紹介します。

野菜不足のこどもに【こどもバナナ青汁】

下ごしらえを丁寧に 野菜は細かく切るのが鉄則

まず、前提として子どもはさまざまな味やにおいに敏感な場合が多いです。

特に、野菜の苦みやしぶみ、青臭さなど感じ取り、嫌いになってしまうことがよくあります。
ですから、下ごしらえの時に、上記のような風味をできるだけ緩和させることが大切です。

野菜の多くは皮に強い風味があると共に、歯触りの固さの原因にもなります。

まだ、歯が生えそろっていない子どもには、野菜の固さも野菜嫌いの要因になりやすいのです。
ですから、しっかりと洗って、できるだけ皮を除くようにしましょう。

さらに、食べやすいように細かく刻んだり、より長い時間火を通したりすることが大切です。
ただし、食品のコゲには体に悪い物質が含まれているので通し過ぎには要注意です。

もちろん良く噛んで食べることも大切ですが、まずは野菜になれることが大切です。
大きな塊状の野菜を見ても、野菜嫌いの子は食欲が失せてしまうことでしょう。

ですから、子どもにとって食べやすいサイズや、食べやすい固さを重視して調理することが鉄則です。

食べるフルーツ青汁!ノビルンフルーツ青汁

【好きから始めることが大切 子どもの好きな味や好きなメニューに紛れこませよう】

上記の通り、子どもは野菜特有の風味に敏感な場合が多いです。
ですから、素材の味を生かすよりも、まず子どもの好きな味付けにするように心がけましょう。

例えばケチャップ味が好きな子でしたら、オムライスやミートソースなどに細かく野菜を混ぜると良いでしょう。

例えばカレー味が好きな子でしたら、カレーに小さく切った野菜を混ぜたり、さまざまな野菜料理にカレー粉を混ぜると良いでしょう。

カレー粉などのスパイス類は、野菜の風味を和らげる効果があるのでオススメです。
ただし、刺激が強すぎると子ども体に良くないので、適量を用いるように心がけましょう。

また、子どもの好きなメニューに細かく切った野菜を混ぜ込むやり方も良いでしょう。

【親も子どもも焦らない 無理をしないで段階を踏むこと】

上記のように、野菜嫌いを克服するには、さまざまな方法がありますが、焦りは禁物です。
無理に野菜を食べさせてしまっては、余計に野菜が嫌いになることもあるからです。

また、子どもによってそれぞれではありますが、アレルギーを持っている場合もあるのです。
時には、命の危険が及ぶこともあるので、子どもが小さいうちにアレルギーチェックをすることも大切です。

そして、時間の経過と共に、味覚の敏感さというのは落ち着いてくることが多いです。
大人になってから野菜が食べられるようになることも良くあるのです。

ですから、親も子も焦らずにマイペースに野菜嫌いを克服していきましょう。
一番大切なのは、親子で食事を楽しみ、豊かな食生活を営むことなのです。

毎日美味しく続けやすい!【こどもフルーツ青汁】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.