子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

魔の2歳児!どんな特徴があるの?親としての心構えをしよう!

産まれたばっかりの赤ちゃんはとっても可愛く、とっても大切な存在ですよね。

ですが、夜泣きであったり、頻繁なオムツ替えであったり、全く休む時間など与えられません。
そんな赤ちゃんの時期が終わって、伝え歩きから、ちゃんと一人で歩けるようになり、食事も離乳食からちゃんとした食事をとれるようになり、一瞬だけ急に楽になります。

そう、その一息をつくタイミングは一瞬なのです。

『ギフト教育』を学ぶと子育てがラクで楽しくなる

イヤイヤ期スタート

2歳、3歳半くらいまでの時期を「魔の二歳児と言ったりします。

別名「イヤイヤ期」とも言いますが、これがとんでもない嵐の始まりなのです。
今までは赤ちゃんの延長線上で、日に日にできることが増えてきて、笑顔の絶えない時期だったと思います。
それが、急に自我が芽生えてきて、自分のやりたいことに対する主張をするようになってきます。

自分のやりたいことができるまで、大泣きして動かないなんてしょっちゅう。
言うことは聞かず、お願いしても聞かず、怒っても聞かず、何しても聞かず、もう泣きたくなります。

家の中だけでも息が詰まるというのに、外に行くと、人前で大声で泣いたり大暴れしたりと、どこにいても休まることはありません。

魔の二歳児の大変なところは、言っても効かないところにあります。

例えば、スーパーに買い物に行った時に、キッカケなんてほんと些細なことなのですが、例えば、陳列されている瓶を触りたいと言って手を伸ばしたけどダメだと言われたとか、スーパーのカートの持ち手を触りたいけど届かなかったとか、ほんとに些細なことがキッカケなのですが、それが発端で大声で泣きわめく、床に寝転んで大声で叫ぶなど。

大泣きする子供の顔が何倍にも大きく見え、大声をあげられて精神的に追い詰められ、自分の子供が人前で寝転んだり暴れたりするのを恥ずかしく思い、いざ起こそうとしても無理矢理しない限り全く動かない。

こんな時はどうしたらいいのでしょうか。
まずやってはいけないこととして、頭ごなしに子供を否定することをしたり、ただ怒鳴って怒るだけだったり、力ずくで引っ張り上げたりなどがあります。

魔の二歳児の頃は言葉を覚え始めている頃で、脳も急激に発達している時期です。
ただ、頭ごなしに否定されたり怒られたりしても、子供にとって何もいいことはありません。

子供にとって理解できないことを、親が力ずくで行う。

そんなことでは子供は心に傷を負ってしまいます。

「学んで楽しい!」「知って納得!!」子育ては『ギフト』で学ぼう

怒るのではなく説得をするのです。

・なぜ、その行動を辞めなければいけないのか。
・その行動を辞めればどういう良いことがあるのか。
・そもそも、その行動のどこが悪いのか。

こんなことを子供に説明をするのです。

大泣きして大声を張り上げている子供の前では、冷静な声はかき消されてしまうこともあると思いますが、注意を引き、子供に親の言葉を聞く準備ができた一瞬を狙って説得をするのです。

もちろん、それがすぐに効果がでるなんてことはありません。
ですが、説得を続けることで長期的にじわじわと効いてくるのです。

子供は言葉がわからないようでもしっかりと聞いているのです。

ほんとに聞いていないようで聞いているのです。

子供は芽生えてきた心の自我をうまくコントロールできずにもどかしい思いをしています。

そんな時に、追い打ちをかけるように、世界で唯一頼れる親から頭ごなしに否定されたらどうでしょうか。

子供は心に小さな傷を負ってしまいます。

子供が大暴れしていると頭に血が上ってしまいますが、深呼吸などをして頭を冷やし、子供に冷静に説明をしましょう。

ふと、上手くいくことがあればしめたものです。

子供も、あれ?と思うことでしょう。

もどかしい気持ちで大泣き、大暴れしていたけど、大好きな親の言うことを聞いてみたら気分が楽になったと気付くでしょう。

その一方で、説得なんて・・・泣いて、ギャーギャーしている子供を目の前に自分も頭に血が上っちゃうよ・・・冷静に説得なんて・・・よ~くわかります!そんな時は!!「抱きしめる!!!」つらい気持ちやうまくいかない気持ちを口に出してあげるだけ!!!

こういった経験を一つ一つ積み上げていくと、いつの間にか魔の二歳が終わって、その後、天使のような親思いの子供が現れます。

 まとめ

魔の二歳児は誰にでも訪れるものです。

精神的にも追い詰められ、どうすればいいかわからなくて混乱してしまうこともあると思いますが、赤ちゃんを相手にするのではなく、一人の人間として認めてあげて、一人の人間として向かい合ってあげましょう

とっても大変な時期ですが、なんとか乗り越えていきましょう。

こんな凄まじい魔の二歳児ですが、寝顔なんて天使のようですよ。

科学的根拠に基づいたカリキュラムが学べる『ギフト教育』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.