子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

リビング勉強がいいといわれる時代!知りたい!勉強机は皆どうしてる?

お子さんが小学校に上がる時には、色々と揃える物がありますね。

ランドセルはもちろん、筆箱、鉛筆や消しゴム、クレヨン、体操服・・・挙げたら切りがありませんが、親御さんにしてもこの準備は楽しいものでしょう。

さて、その中で「勉強机」については、迷う方も多いと思います。
初めてのお子さんの場合、つい買ってしまいがちですが。

下にお子さんがいるなら「この子達の机も買わなくてはならなくなるのね」と、心にストップがかかることでしょう。

勉強机は子供にとって本当に必要でしょうか。
それともなくても済む物でしょうか。

子育ての悩みは『ギフト式』でマルッと解決

勉強机は物入れになる

既に自分の部屋を持っているお子さんなら、勉強机を置く場所はありますね。
そして、1部屋に2台は勉強机も置けるでしょう。

勉強机があると良い点は、子供の教科書や本等の持ち物が勉強机にしまえる点です。

小学校1年生でも結構教科書の冊数がありますし、ランドセルも勉強机の横にフックが大抵は付いています。

引き出しもあるので、おもちゃやお子さんが大切にしている物も自分の机に入れたがるでしょうから、今までリビングにあった物も総て勉強机に仕舞えます。

子供の物を整理整頓して入れられる、と言う意味で勉強机は便利です。
また、本人も自分の机を買ってもらえたことを喜ぶでしょう。

勉強机で勉強する?

ところで、小学校1年生から自分の机で勉強する子供はまず殆どいません。
小学4年生でも90%が“リビング学習”を、更に中学2年生ですら60%が同様の状態です。

また、識者や学校の先生方は、小学生のうちはリビングで宿題や勉強をした方が良いと言います。それは、小学生、特に低学年では勉強の仕方がわからない場合が多いですからです。

親が家事の合間に見て上げることが大切なことだからだそうです。
テレビを点けながらの勉強は困りますが、親御さんに見てもらい、褒められながら勉強するのは良いことです。

中学、高校と進むに連れて、自然と「自分(の机)で勉強する」子に育つように、わからない所はヒントを出して上げ、自分で答えを出せたら褒めてあげるようにすれば、子供は自分で考える力を身に付けることが出来ます。

まずは家族団欒の場であるリビングで、勉強する楽しさを覚えさせるのが良いそうです。

現在の勉強机の売り上げ

なんと、新入生の勉強机の購入率は近年新入生の50%を切る状況で、学習机のメーカーは悲鳴を上げています。

購入するとしても、小学1年生用の机ではなく、幅が60㎝程のライティングデスクや何歳になっても使えるシンプルな机を購入する家が多くなってきています。

それに連れ、メーカーの方も従来とは違った形の勉強机を考案しているようです。

また、転勤族の家は、引っ越しをする度に子供の数の分の勉強机も荷物になります。
それよりは、カラーボックスを使って収納ボックスにしたりと工夫をして荷物を少なくしているそうです。

ましてマンションの場合は建て増しが出来ませんから、今あるスペースを有効に使おうということで、「勉強机」に拘らない家が多くなっているのでしょう。

「学んで楽しい!」「知って納得!!」子育ては『ギフト』で学ぼう

終わりに

勉強机は高校生や大学生と、大きくなる程自身で勉強をするようになるり、その時初めて必要になる物と考えた方が良さそうです。

小学校入学だと早まらず、まずはランドセルや帽子を掛ける場所を確保し、勉強はリビングで兄妹揃ってするのも良いでしょう。

本棚や収納棚に教科書置き場を作って上げても良いでしょう。

例え子供部屋があってもベッドと子供の数だけ勉強机を置くと、大抵の部屋はそれでいっぱいになってしまいます。

何より小学1年生用の机は高校生位になると幼さが嫌になるケースがあります。

途中で買い替える位ならば、少し待って本人が本当に自分の部屋で勉強する年になってから、相応の物を買ってあげても遅くはないと思います。

子育ての悩みは『ギフト式』でマルッと解決



子どもの成長をかたちに残そう!ビスタプリントのフルフラットフォトブック!

卒業式の衣装は袴レンタルで決まり!「RENCA」を賢く利用しよう 脳科学者と臨床心理士がつくった「ギフト教育ラボ」がイイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.