子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

トイトレ悩む~ママ達!ドンと構えていきましょ!

3歳くらいから本格的にトイレトレーニングをスタートしました。
普通のご家庭では子供用のトイレですが、うちでは普通の洋式のトイレでしました。

理由は外出した時にトイレは大人用しかありませんし、子供用のトイレや補助があるところははっきり言って少ないです。
慣れさせるためにあえて子供用のトイレを購入しませんでした。

「学んで楽しい!」「知って納得!!」子育ては『ギフト』で学ぼう

1. まずは慣れさせるために座らせるだけ。終われば拍手して褒める。

これは褒められたことでまたしたいと意欲を出すためです。
最初は泣きますし、怖いと暴れます。

2. まずはこういう風にするということを自分自身でして見せます。

その時に好きなキャラクターを使ってトイレに座らせ「おしっこしたね、水流そうか」と話しかけながら、水を流し、一連の動きをしてみせます。

3. 時間を大体決めて、座らせ体に身につけさせます。

自然と身についていき、おしっこが出たりします。
実際に出ると好きなおかずを作ったり褒めたりします。
もちろん最初だけです。

4. 手作りシートを作ります。

バスや電車、好きなキャラクターを表にして、やる気を出させます。

5. 座っただけならバツを、そこでおしっこやうんちが出たらハナマルを書きます。

6. 自然に「おしっこがしたい!」、「うんちする!」としたいときに自己主張してくれます。

自己主張できるようになったら普通だと思わないで、めいっぱい褒めます。

7. 夜はトレーニングオムツに変え、昼間はなるべく普通のパンツを履かせます。

最初は慣れなくてオムツだと思って漏らしてしまうこともありますが、怒らないであげてください。
「大丈夫だよ!次一緒に頑張ろうね」と声掛けをしましょう。

「パパもママもみんなパンツを使っているよ。みんなと一緒だね」と話しかけ覚えさせます。
パンツは子供の好きなものを選ばせ購入しました。

この頃になると服選びをすすんでしたがります。
それと一緒にお風呂上りのパンツ選びはうちの定番。

お気に入りを着て毎日楽しそうにしています。
好きな子と会うときは、お気に入りを履いたりしています(笑)
外出するときは間に合わなくて出ちゃうこともあります。

着替えのセットを念のために持っていきます。忘れないようにしましょう。
※着替えセットはタオル生地のハンカチ、おしりふき、パンツ、新しいズボン
着替えセットはリュックにいれて自分で背負っています。

失敗しても慌てないでください。
怒らないで「次はトイレに間に合うといいね、頑張ろうね」と話しましょう。

こうしてうちはトイレトレーニングを終わりました。
他の子供とは違って長い時間かかりましたし、完全にパンツになったのは4歳になった頃でした。
ですが、その人に合ったトレーニングをする、させるのが一番だと思います。
親が褒めると、子供は喜びます。

もっと見てほしい!頭をなでてもらいたいと思います。それはどこの子も同じです。

1人目が終われば、トイレに行っている姿を見ている下の子は学びます。
2人目は泣きもせず暴れたりもせず、すんなりトイレに座ることができました。
上の子がトイレに行くタイミングで、“したい”と言って下の子も座りそこからトイレトレーニングをはじめました。
下の子がトイレトレーニングを始めたのは、2歳でした。

進むスピードもはやくて驚いています。
このままだと長い時間かからずに、すぐにトイレトレーニングは終わると思います。

これがうちのトイレトレーニングの方法です。
はじめる年齢もスピードも、人それぞれです。
焦らないで大丈夫です。

ゆっくり子供のペースに付き合っていきましょう。

私も何度もくじけそうになりました。忙しいときにトイレ!と言われ「今オムツだからしちゃいな!!」と思わず言ってしまうこともありました…(笑)
経験ある方も多いと思います(笑)

それでもトレーニングは終わりました!だから大丈夫ですよ。
楽しんでトイレトレーニングをしましょう。

科学的根拠に基づいたカリキュラムが学べる『ギフト教育』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.