子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

共働き、限界ってあるのかな。見えない不安。知りたい!

こどものために、ママは仕事をやめた方がいいのか

男性、女性ともに結婚は人生の中で大きなライフサイクルの転換期となるのではないしょうか。
また、結婚後も仕事をしていた女性にとっては、妊娠を機に、今の職場でそのまま働くのか、それとも退職するのか決めなければいけません。
それは、旦那様とも相談する必要がありますし、また職場とも相談しなければいけないため、自分だけでは決めることはなかなか難しいのではないでしょうか。

まず、選択肢として何を選ぶか

正社員としてそのまま、育児休暇などを取得し働き続ける
妊娠、出産を機に退職する
出産後、または子どもが保育園や幼稚園に行ってから、パート、もしくは正社員で働く
個人事業主となる

などが考えつくのではないでしょうか。
どの働き方にもメリット、デメリットはあります。

正社員のまま継続して働く

このメリットはみなさんもご想像がつくのではないでしょうか。
・収入を得ることができる、安定している。
・経済的に余裕がある
・今後の妊娠の際も、職場に理解を得やすい

では、デメリットをあげます。
・こどもの急病などがあっても、休みにくい
・残業の可能性がある
・こどもを預けなくてはいけない
・仕事、育児、家事の両立で日々が忙しい

妊娠、出産を機に退職する

このメリットは、
・こどもとの時間が長く持てる
・こどもの成長をダイレクトに自分が知ることができる
・こどもの急病などにも対応ができる
・時間に余裕がある

では、デメリットです。
・収入がない
・すべての育児を一手に引き受けることで、育児ノイローゼになる場合もある
・人間関係が、こどもと家族という狭い範囲になってしまう可能性がある

出産後、または子どもが保育園や幼稚園に行ってからパート、もしくは正社員で働く

メリットを説明します。
・収入を得ることができる
・時間的に融通が利く
・こどもの送り迎えなど、こどもや親にも負担が少ない

では、デメリットです
・収入が安定しない
・パート先によっては、休みにくい
・正社員との差が気になる可能性が出てくる

個人事業主になる

このメリット、デメリットは個人差があると思います。在宅で仕事ができるものや、自分で店舗を構えるものなど働き方が多様です。

育児、家事などを含めて自分で働くスタイルも決めることができます。
しかし、簡単に明日からやろうというものではないので、周りの協力も必要かと思います。

まとめ

ここまで、働き方についてのメリット、デメリットをお伝えしてきました。
こどもの成長を見ていたい、こどものためにそばにいたいと思うのはとても大切なことです。
しかし、こどもはどんどん成長し、いろんなことを吸収します。それは保育園や小学校などの集団生活を始めると一層いろんなことを学び、そして好奇心も旺盛になります。

習い事もし始めるかもしれません。現在、こどもの習いごとは多様で、月謝もかかります。
こどもが自主的に行きたいといった時に、経済的な面から行かせてあげることができないのはとても親としてはつらいです。

また、住宅費や光熱費、こどもが大きくなると教育費もかかります。

そうした時に、やはりいかに貯蓄ができているかが大きなカギを握るのではないでしょうか。
また、働く親の姿を子どもはしっかり見てくれています。

あなたのご家庭が育児の中で何を大切にするかで共働きに対する考えも変わってくると思います。
こども成長は非常に速いです。
小さくて、親を頼ってくれるのもきっと10歳くらいまででしょう。
その後はこどもの世界が広がります。その小さい時は戻ってきません。

そのため、その幼児期や小学校中学年までの間に親の愛情をたっぷり与えてあげることも、とても大切です。
働いているから愛情を注げないということもありませんし、共働きじゃないから裕福ではないということもありません。

こどものために、今してあげたいことを優先に考えることが大切だと思います。

関連記事

保育園から学童へ。安心して学童に入るため知っておきたいこと!

子どもにお留守番「カギっこ」させるときの親子で実践6つのルール
いつの間にかこんな時間!どうしたら早く寝かせられるの?教えて~



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.