子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

現代の子どものストレス

今の子供は忙しい 子供に過剰な負担を強いていませんか

最近の子供達って、忙しそうだと思いませんか?

筆者が小学生の頃は、授業が終わって家に帰ると、宿題をしたりピアノの練習をしたり、近所の友達と1、2時間遊んだりした後、6時過ぎに夕食、夜はゆっくりテレビを見て過ごすという、今思えばかなりゆったりとした小学生生活を送っていました。

習い事は平日に週2回、土曜の午後と日曜はゆったりまったりと過ごしていました。6年生の時もそうでした。

しかし現代の小学生は、とても忙しいように思います。現在中学生の娘が小学生だった頃をふり返ると、総じて多くの子が多忙でした。

そしてこの多忙さは、現代の小学生のストレスの原因になっているように思います。

なぜこんなに忙しいのでしょう。

『ギフト教育』を学ぶと子育てがラクで楽しくなる

学校と校外の二重生活

土曜に授業があった世代や、いわゆるゆとり教育世代と比較すると、平日の授業時間数が多く、特に低学年の子供にとっては少なくない負担です。それに加え、低学年のうちから塾や習い事に時間を費やす子供は多くいます。

娘のかつての同級生には、毎日何らかの習い事の予定が入っている家庭もありました。

その習い事の中には、日々の自宅練習が必要なものもあり、これはどう考えても忙しすぎるのではないかと他人事ながら心配したこともあります。

少子化、共働きにより、1人の子供にお金がかけられるようになったこともあり、塾や複数の習い事に通わせる家庭は多く、子供はそこで多くの時間を費やします。

高学年にもなると、中学受験塾に通う子、クラブチームでレギュラー争いをする子、楽器の演奏でコンクール上位を狙う子など、学校外での活動はより活発になり、学校との二重生活により、忙しさはさらに過酷な状況となります。

この忙しさゆえに、子供には肉体的のみならず、精神的にも負荷がかかります。

我が子も中学受験を経験しましたので、その時間管理やストレス対策には苦心しました。

土日が休みであることを利用したイベントの多さ

学校が土日しっかり休みである分、子供会、町内会、スポーツ教室の遠征や試合など、休日に行事をいっぱい詰め込むことができます。

家庭によっては平日に子供と向き合えない分、土日連休を利用して遠方に遊びに行き、楽しく過ごすこともあるでしょう。

しかし、その結果、子供にとって「休んでいない」という状況になりがちです。

そのため、休日はぐっと疲労が増し、実質休むことなく月曜日を迎えてしまいます。

無駄は大事

生活をしていく上で、「空間」には一見すると無駄とも思われがちな余裕があったほうが、風通しもよく、新しいものを取り入れられると言われています。

同様に、「時間」にも余裕が必要です。

はたから見たら無駄に過ごしているように思える時間も、本人にとっては体や頭を休め、日頃のストレスを癒し、気持ちをリセットして、挑戦する英気を養う、そういう意味のある時間なのかもしれません。

学業のみならず、レギュラー争い、コンクールなど、競争社会の側面もあり、そのこと自体ストレスになる場合もありますが、その上ゆっくり休む時間もないとなると、自分でもよくわからないうちに目の前のことをこなすだけになりかねません。

子供は大人の期待に応えようとするし、目先の勝ち負けにこだわりがちです。

真面目な子ほど、質高く課題をこなさなくてはならない、できる子だと思われたいと思い、結果的に多くの時間を活動に裂き、過剰な負担となります。

そして、うまくこなすことが難しくなった時、子供のストレスは一気に爆発する可能性があります。

それは、暴力やいじめなどの問題行動や、燃え尽き症候群と言われる無気力状態などの形で現れ、学校生活や親子関係に影響を及ぼすことも考えられます。

もちろん、今の活動が大好きで、たとえ忙しくても結果が出なくてもうまく対応できる子もいます。

しかし、それは一般化できる考え方ではないと思うのです。

字の作りから「忙しさは心を亡くす」なんてよく言われますが、まさにその通りであると思っています。

まとめ

子供は大人から「頑張れるか」と問われれば「頑張る」と答え、「大丈夫か」と問われれば「大丈夫」と答えてしまいます。

親である私たちには、子供に無理が生じていないかしっかり見つめて、今行っている活動に優先順位をつけ、整理するよう促すことも時に必要です。

親は子供のために何をするのが適切か、我が子の生活環境を俯瞰して考え、場合によっては親の判断で敢えて子供の休む時間を確保しながら、子供のストレスケアに関わっていくべきだと思います。

子育ての悩みは『ギフト式』でマルッと解決


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.