子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

英国株【RDSB】(ロイヤル・ダッチ・シェル)は、安定した高配当が狙え、リスクも少ない

「高配当が狙える外国の株式に投資したいけれど、どれがいいかわからないのでおすすめして欲しい…」

外国株投資といえば米国株をイメージされることが多いですが、米国以外の企業にも優良銘柄はたくさんあります。

今回ご紹介するRDSBは、その中でも特におすすめの銘柄です。

世界トップクラスの石油企業です。

株主還元の姿勢が強く、長期的な保有にも向いています。

本記事は、世界の優良銘柄をチェックしたいあなたにとって必見の内容です。

<本記事の内容>

●       RDSBの基本情報

●       RDSBが外国株初心者におすすめできる理由

ロイヤル・ダッチ・シェルの株は2種類あるが、RDSBの方が手間が少ない

実は、ロイヤル・ダッチ・シェルの株には2種類あります。

  • 【A】
  • 【B】

ロイヤル・ダッチ・シェルはオランダの「ロイヤル・ダッチ社」とイギリスの「シェル社」が合併してできた企業です。

オランダ企業でありながら、イギリス企業でもある。

だから2種類の株に分かれています。

どちらも値動きとしてはほぼ同じで、かつ高配当銘柄です。

しかし、配当金の受け取りを考えるとRDSBが断然おすすめです。

RDSA(オランダ株)の場合は配当金に現地課税が課されるため、二重課税(※)されてしまいます。

一方で、RDSB(イギリス株)は現地課税がないため、日本での課税のみで済みます。

外国株の二重課税とは?

一般的に、外国の株式はその国の通貨を使って取引します。

国にもよりますが、配当金を受け取る際には現地で課税されてしまう場合が多いです。

加えて日本でも課税対象になるため、二重に課税されてしまう現象が起きるのです。

これを二重課税と呼びます。

この課税分は日本で確定申告をすれば取り戻せますが、その手間は無いに越したことはありません。

そのため、RDSBをおすすめします。

RDSBは、生産量世界第2位の民間石油企業

RDSBの本社はイギリス・ロンドンです。

事業内容

RDSBは145か国で事業を行っているグローバル企業です。

主な事業内容はこちらです。

石油に関する幅広い事業を展開しています。

  • 石油の炭鉱・精製・輸送・販売
  • 石油関連製品の販売
  • 50以上の製油所・4万店以上のガソリンスタンド店を保有

市場の動向

今や、新たなエネルギー資源が台頭してきて、石油の時代は終わりを迎えています。

しかし、それでRDSBの将来を判断してしまうのは早計です。

RDSBは石油企業でありながら、石油代替エネルギーに積極的に投資しています。

将来のエネルギー需要の変化に対応する意識が高く、今後のさらなる成長もあり得ます。

財務状況などについての見出し

(※単位:百万ドル)

売上高 営業利益 営業利益率(%) 純利益
2016年 233591 2367 1 4575
2017年 305179 15481 5.1 12977
2018年 388379 31189 8 23352

収益は、原油価格の上下とリンクしています。

営業利益率は10%以下で、高いとはいえません。

RDSBは高配当利回りが魅力!

配当落ち月・配当月

配当落ち月:2月・5月・8月・11月

配当月:3月・6月・9月・12月

配当利回り

RDSBの最近の配当利回りは【5%以上】の高い割合を維持しています。

一時、原油価格が下がった時期には7%まで上昇しました。

EPS(一株当たり利益)とDPS(一株配当)の傾向

直近のEPSとDPSについての傾向を見ていきます。

単位:USドル

EPS DPS
2016年 1.16 3.76
2017年 3.12 3.76
2018年 5.6 3.76

EPSは、チャイナショックとシェールオイル革命の2015年に大きく減少しました。

2016年もその影響で低い数値になりましたが、現在は持ち直しています。

2015年当時配当性向は700%を上回る数字になっているにもかかわらず、減配はしませんでした。

この株主還元の姿勢にはとても好感が持てます。

増配率の推移についての見出し

RDSBの配当は、2015年まで順調に増加していました。

しかし、2016年からDPSが変化していないように、現在は3.76ドルで据え置かれています。

基本情報からわかる、RDSBがお得な理由3ポイント

これまでの傾向からすると、RDSBは原油安時にも配当を維持してくれることが予想されます。

そのため、株主側としては安心して持ち続けられる優良銘柄です。

また、RDSBが原油安の影響から立ち直りつつある今は、一つの買い時だといえます。

もちろん、これからまた原油価格が高騰する可能性もあります。

仮にそうならなくても高配当銘柄として長期的に保有できるので、どちらに転んでも損の少ない銘柄です。

だからこそ、RDSBは外国株初心者にも最適なのです。

まとめ

石油事業は、石油の価格と共にある事業です。

石油の価格の上下には常に目を光らせておきましょう。

また、原油価格と市場経済には一定のサイクルがあるといわれています。

不況になると原油価格も低迷し、さらに経済が冷え込みますが、一定まで原油が安くなると経済が回復してくる、というものです。

RDSBに投資する際には、このサイクルを参考にしてみてください。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.