子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

子どものお小遣いの相場が知りたい!!

子どもが小学校に入ると、お小遣いの渡し方や金額について頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。

毎日少しずつお小遣いを渡すのかそれとも月額制にするのか、その場合それぞれいくらぐらいが妥当なのか、またそもそもお小遣いは小学生に必要なものなのか…など、気になることはたくさんありますよね。

そこで、今回は、近所のママ友にも聞きづらいお子さまのお小遣い事情について考えてみましょう。

「学んで楽しい!」「知って納得!!」子育ては『ギフト』で学ぼう

「お小遣いを渡す目的」

「お小遣い」を決める前に、まず明確にしなければならないのは、その「目的」です。

「お手伝いの報酬」として手渡すことにより、働くことの大変さを知るきっかけにしたいのか、それとも、テストの成績が良かった時などに「頑張った見返り」として渡して子どものモチベーションアップをはかりたいのか、はたまた「金銭感覚」を身に付けさせることが目的なのか、など、その目的により金額や渡すタイミングも異なってくるでしょう。

保護者の中には「お手伝いは家族として当たり前」「勉強を頑張るのは学生として当たり前」として、報酬としてのお小遣いには否定的な意見も見受けられます。

このように「お小遣いを渡す目的」については、それぞれの家庭の方針により考え方は様々であり、どれが正しくてどれが間違っているというようなことはありません。

いずれにしろ、大切なのはしっかりとした目的意識を持つことです。

出来れば、同居しているご家族やお子さま本人ともきちんと話し合いをして、渡す方、もらう方、共に「目的」を明確にしておきましょう。

目的が家庭内で共有できていれば、同居している祖母が突発的にお小遣いを渡してしまうなどのトラブルはある程度回避できるかもしれません。

科学的根拠に基づいたカリキュラムが学べる『ギフト教育』

お小遣いの金額はいったいどれぐらいが適当なのでしょうか。

これは一方法に過ぎませんが、巷でよく見受けられるのは、月額制で学年に応じて100円ずつ金額をアップしていくという方法です。
つまり、学年×100円ということです。

この場合、低学年の間は金額が低いかもしれませんが、お金の計算や管理が自分でできるようになるのはもう少し先ということで、「貯金をして好きなものを買う」ことを学んでいく機会にできるといいですね。

また、もう少しざっくりと、低学年は500円、高学年になると700円~800円という家庭もあるようです。
これらを目安にして、各家庭で金額を設定すると良いでしょう。

そして、金額が決まったら、「お小遣いでまかなう部分」と「保護者がお金を出す部分」も大まかに決めておきましょう。

低学年のうちはまだ難しいですが、高学年になれば、ノートや鉛筆などの日常の文房具代はお小遣いから出すようにするのもいいかと思います。

そうすることで、物を大切に扱うことやお金の大切さも自ずと理解していくことになるでしょう。
それが将来的な金銭感覚を養う大切な一歩にもなるはずです。

もう一つ、お小遣いを与えるようになったら是非実践していただきたいのが、お子さまに「小遣い帳」を付けさせることです。

男の子はあまりこだわりませんが、女の子の場合、ノートは好きなキャラクターなどがついた可愛いものを自分で用意させ、簡単に日付と「使ったものと金額」「もらった金額」「残高」を記入させるようにします。
そして、保護者が必ずチェックするようにしましょう。

このことはお金の管理の仕方を覚える方法として大変有効です。是非活用してみて下さいね。

とは言え、お小遣いは、ふだんあまりお金を手に入れる機会のない子どもにとってはとても楽しみなものです。
使い途についてはあまり厳格に管理せず、ある程度好きにさせて良いでしょう。

時には必要のないものを買ってしまったりして失敗をすることもあるでしょうが、それも勉強のうちです。そうやって失敗を繰り返すことで金銭感覚も身に付いていくのです。

また、あまりにも厳格にルールを決めてしまうのも窮屈です。

大きな目的は頭に置いた上で、ややゆるやかに、たまには「今日は特別ね」と言って、たとえば買い物を頼んだ際に「お駄賃」を少し渡したりするのは全く問題ないでしょう。

子どもにとって「特別」というのはとても嬉しいもので、暖かい家庭の記憶として長く心に残るはずです。

まとめ

いかがでしょうか。

たかがお小遣い、されどお小遣いです。

たとえ小額であっても、それを通じて子どもは色々なことを経験することができます。
是非、お子さまのより良い学びのチャンスとして「お小遣い」を活用してくださいね。

『ギフト教育』を学ぶと子育てがラクで楽しくなる


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.