子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

小学生から必修化されるプログラミングってどんなもの?

プログラミングが小学生から必修化になったんですって

「えっ、うちの子が小学校に入学するときにはプログラミングって必修化されるの?」

「英語とか数学ならまだしもプログラミングなんて小さいころ勉強してないし…

ていうかプログラミングってなんなの!」
そんな悲鳴を上げるお父さんお母さんに今回は、

・そもそもプログラミングってなんなのさ
・なぜプログラミングを勉強するのか
・プログラミングを勉強するメリット
・プログラミングを勉強するデメリット

についてお話しします。

・そもそもプログラミングってなんなのさ
ズバリ言いましょう

プログラミングとは「コンピュータを調教すること」です。

よく言われることですが、もともとコンピュータは「すごくありません」
ただの箱です。

なので、コンピュータに「君、このパズル解いておいてね」といったところで無理な相談です。
しかし、この箱、2つの才能があります。

・膨大な繰り返しを文句も言わず実行する。
・単純な処理が猛烈に速い。

まさに才能をもてあました箱なんですね。

そんなコンピュータを調教するんです。

解決する問題を明確にする。

問題を分析して解決方法を決める。

解決方法を実現する手順を決める。
こんな感じで。

厳密にはもっと難しいのですが、
まずはプログラミングとは、「コンピュータを調教すること」と思ってください。

ご家庭でのプログラミング学習に、レゴのロボット教材を。

なぜプログラミングが必修化されたのか?

そもそも、どうしてプログラミングが必修化されたの?

そんな疑問に対して、必修化を決めた張本人の文科省さんは次のように述べています。

今日、コンピュータは人々の生活の様々な場面で活用されています。

家電や自動車をはじめ身近なものの多くにもコンピュータが内蔵され、人々の生活を便利で豊かなものにしています。

誰にとっても、職業生活をはじめ、学校での学習や生涯学習、家庭生活や余暇生活など、あらゆる活動において、コンピュータなどの情報機器やサービスとそれによってもたらされる情報とを適切に選択・活用して問題を解決していくことが不可欠な社会が到来しつつあります。

コンピュータをより適切、効果的に活用していくためには、その仕組みを知ることが重要です。

コンピュータは人が命令を与えることによって動作します。

端的に言えば、この命令が「プログラム」であり、命令を与えることが「プログラミング」です。

プログラミングによって、コンピュータに自分が求める動作をさせることができるとともに、コンピュータの仕組みの一端をうかがい知ることができるので、コンピュータが「魔法の箱」ではなくなり、より主体的に活用することにつながります。

引用;小学校プログラミング教育の手引(第一版)

つまり、

コンピュータは魔法の箱なんかじゃなくて、人が命令を与えることによって動くんだよ。

 

プログラミングを学んで君もコンピュータを主体的に動かせるようになろうね。

 

そして、様々な問題をコンピュータと一緒に解決できるような大人になってね。

ということをいっています。

プログラミングを学ぶメリット

・ITリテラシーが高まる

これは当たり前ですね。

Tリテラシーの低いおじいちゃんとかを思い浮かべるといいかも知れません。
彼らは、コンピュータを「得体の知れない魔法の箱」とおもっています。

プログラミングを学ぶことで、その魔法の箱が実は自分の命令で動かせると知ったら、きっとITリテラシーは向上するでしょう。
喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

・論理的思考力が身につく

論理的思考力!
個人的には、論理的に考えられることこそが最も大きいメリットだと考えています。

プログラミングの手順は例を挙げるとこんな感じです。

コンピュータを動作させるための手順(例)

① コンピュータにどのような動きをさせたいのかという自らの意図を明確にする

② コンピュータにどのような動きをどのような順序でさせればよいのかを考える

③ 一つ一つの動きを対応する命令(記号)に置き換える

④ これらの命令(記号)をどのように組み合わせれば自分が考える動作を
実現できるかを考える

⑤ その命令(記号)の組合せをどのように改善すれば自分が考える動作
により近づいていくのかを試行錯誤しながら考える

例えば、正三角形を書きたい時。
「正三角形を書いて」とお願いしても、コンピュータはうんともすんとも言いません。
ここでは、「辺の長さが全て等しく、角の大きさが全て等しい」という正多角形の意味を使って作図する場合を考えてみます。

この場合、「長さ100 進む(線を引く)」、「右に120 度曲がる」

といったコンピュータが理解できる(用意されている)命令を組み合わせることで、「正三角形をかく」ことができます。

以上のように、正三角形一つとっても、思い付きや当てずっぽう、感覚では自分ではわかっても、コンピュータは動いてくれません。

つまり、論理=筋道をたてて思考する力が身につきます。
そして、この論理的思考力は、数学でも物理でも、国語でもあらゆる科目で必要とされる力なのです。

レゴ ロボットで学ぶ小学生向けプログラミング教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.