子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

PayPay第二弾のキャンペーンは前回と何が違うの?

PayPay第二弾について

昨年、「100億円あげちゃうキャンペーン」で話題になったPayPay。

そのPayPayのキャンペーン第二弾が2月12日から始まっています。

今回も「100億円キャンペーン」なのですが、前回のキャンペーンとは内容が異なっています。

詳しくご紹介していきたいと思います。

【PayPay】初期導入費・決済手数料・入金手数料が0円のスマホ決済サービス!

前回のキャンペーンとの違いは?

前回は、10~40回に1回の確率で買い物金額の全額(最大10万円相当)が還元されたり、決済額の20%をPayPay残高に還元されるといった内容でした。

今回大きく違うのは、この還元額の上限金額です。今回の上限額は1回1000円まで。

また、5月31日までの期間中で累計額の制限もあり、20%還元については5万円まで、100%還元は2万円までとなっています。

前回は、最大10万円相当だったので、テレビなどの大物家電を購入し、全額還元されたという方もいらっしゃいましたが、今回はそういったことは無くなりました。

しかし、コンビニやドラッグストアなどでの少額の買い物で還元されれば、今回もお得に買い物ができます。

そして、前回は上限金額が大きかったので、すぐに100億円の原資に到達してしまい、キャンペーンもあっという間に終了してしまったのですが、今回はその心配はあまりしなくても良さそうです。

前回のように大きな額での還元はありませんが、いつもの支払いをお得に済ますことができるかもしれませんので、やろうか迷っている人は、始めてみる価値があると思います。

【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!

優遇されるのはどんな人?

今回のキャンペーンは、支払い方法によってPayPay残高の付与条件が変わります。

PayPay残高、Yahoo!マネーからの支払いは最大20%の付与、Yahoo! JAPANカードでの支払いは19%、その他クレジットカードでの支払いは10%です。

ちなみにPayPay残高(銀行接続)とは、PayPayに事前登録した銀行口座からチャージした残高を意味しており、レジに行く前にPayPayアプリを操作して、事前に銀行口座からチャージしておく必要があります。

これがYahoo! JAPANカードを利用すると事前のチャージは必要無く、カードから引き落としてくれて、今回のキャンペーンでは19%還元となっていますが、カードを使用したことに対する還元も1%あるため合計20%となり、なんとPayPay残高での支払いと同じ還元率となるのです。

また、Yahoo! JAPANカードは直接引き落としだけでなく、PayPay残高にチャージすることも出来、他のクレジットカードではこのチャージが出来ません。

今回のキャンペーンに参加するのなら、Yahoo! JAPANカードを持っていると優遇を受けられ、なおかつ便利にPayPayを利用できます。

まだYahoo! JAPANカードを持っていなくてこれからキャンペーンに参加することを考えている方は、まずカードをつくることをぜひおすすめします。

また、今回はキャンペーンと同時開催で「やたら当たるくじ」というのがあります。このくじに当たれば買い物のたびに最大1,000円が還元されるというもので、「PayPay決済利用毎に最大20%戻ってくるキャンペーン」で当たらなくとも、この「やたら当たるくじ」に当たれば、還元を受けられます。

このくじは、PayPayでの支払いなら10回に1回、Yahoo!プレミアム会員なら5回に1回の確率で当たります。

Yahoo!プレミアム会員になるには月会費がかかりますが、それも還元を受けられれば十分にカバーできます。

まとめると、今回の第二弾キャンペーンでは

・Yahoo! JAPANカードを利用すること
・Yahoo!プレミアム会員になっていること

この2つが優遇条件となっています。

PayPayを利用する際の注意点は?

PayPayは、最近サービスを利用する人が急増している「スマホ決済サービス」の1つです。

この「スマホ決済サービス」は銀行口座やクレジットカードの登録で、お財布やクレジットカードを持たなくとも支払いを済ませられるのが利点なのですが、利用する際には注意しなければいけない点もあります。

1. アプリをきちんと管理しておく

今まで日常的に利用していなかった人は、キャンペーンに参加し、期間が終わるとアプリをあまり開かなくなるなんていうことがあるかもしれませんが、この「スマホ決済サービス」のアプリの管理はお金を管理しているのと同じです。

きちんと定期的に内容をチェックし、不正利用されていないかを確認したり、残高の使用期限も把握しておくようにしましょう。

PayPayの残高の使用期限は最後の利用から2年です。

使い続けていれば問題はありませんが、今まであまり利用してこなかった人は、放っておきがちになってしまうかもしれませんので、しっかりと管理しておく必要があります。

2. 計画的に利用しよう

PayPayは、余ったチャージを元の銀行口座に戻すことは、できませんし、会計の際、チャージ残高を使い切り、不足分を現金で払うことはできません。

なかなか使い切ることができないので、ついつい利用が増えてしまいがちなのと、現金を見ないため、使いすぎてしまう人もなかにはいるようです。

利用履歴を見て、「こんなに使っていると思っていなかった」とならないためにも、使った合計額を把握しておきましょう。
1カ月のチャージ額を固定にするなどして、使える金額を決めてしまうなど工夫しながら利用するのがいいかもしれません。

まとめ

日本人は現金主義な人が多いですし、まだまだ他の国に比べるとキャッシュレス化が進んでいないのが現状です。

PayPayも、「スマホ決済サービス」に慣れていない人は最初、戸惑うこともあるかもしれませんが、便利に使えるなどメリットも多く、今回のようなキャンペーンでお得にお買い物やサービスを利用できるチャンスもあります。

今後は「スマホ決済サービス」もさらに普及していくと思われますので、やってみようか迷っている方は、ぜひこの機会に利用してみるといいと思います。

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.