子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

マラソン大会!上位を狙うもよし!達成感を味わって望んでほしい!準備できること、親ができることのアレコレ!

寒い冬が来るとどこの学校もマラソン大会が開催されます。みなさんのお子さんは楽しみにしていますか?
昨今ランニングブームで、お子さんよりもご両親の方がマラソン大会を楽しみにされているかもしれません。

どうせ参加しなければいけないのであれば、どんな大会であれ子供たちがいつもワクワクする時間を過ごしてほしいと思うのが親心です。

走るのが得意な子、苦手な子・・・どんな運動であれ得意不得意があります。

うちの子供は走るのが速かったわけでもなく、好きだったわけでもありませんでした。。

マラソン大会まで子供たちは体育の時間に持久走の練習をします。子供から「今日は○○君、ちゃんに負けた」という話を聞いていました。

人と比べることは、考え方次第でモチベーションを高めるよい要素にもなりますが、モチベーションを下げる悪い要素にもなります。

その時子供は、人と比べることで自分を卑下し、持久走そのものを楽しんでいませんでした。

このままではマラソン大会はただの苦行になってしまいます。

マラソン大会がただの苦行にならない為に!

まず、私は「誰かに勝つ、負けるではなくて、昨日の自分より速い自分になったか、走るのが楽しい自分になったかを考えてごらん」という言葉かけをしました。

そのうち、「今日は何秒速く走れた」「今日は昨日よりも歩かなかった」という話をしてくるようになりました。

クラスメートとの戦いではなく、自分自身との戦いへシフトしていくことができました。

また、少しでも何かよくなっていることを報告してきたときは、必ず心から「すごいね!」と褒めて一緒に喜ぶようにしましょう。

もちろん、兄弟や夫婦で共有し、一緒に褒めて喜んでいます。

その中に「持久走」も含め、家族全員で応援できればいいですね。

国内最大級の大型スポーツ専門店「スーパースポーツゼビオ」「ヴィクトリア」で使える【ゼビオカード】

子どもと一緒に練習する!

そして、親がやっていないことや親自身も好きではないことを、子供にだけ頑張れというのは不公平です、そのため、親も一緒にランニング(練習)をすることで子どもの状態がわかりますし、自身も健康になりますよね。

是非、一緒に連絡してみてください。

子どもも一緒に練習をしてくれることに心強く感じ、練習回数とともに自信をつけるのではないでしょうか。

マラソン大会に向けての食事

マラソン大会はトレーニングも必要ですが、何よりも食べ方や食べるものがとても大切です。

走る前は必ず2時間前に食事を済ませるようにしましょう。

なぜなら、食べ物を消化しきれないため、走るときに身体が重く感じるほか、腹痛や嘔吐の原因になってしまいます。

そして、走るという行為はカロリーを消費するので、エネルギーの源になる炭水化物をしっかりとるようにしましょう。

パスタやパン、お米は特におすすめです。

そして、走った後は必ずプロテインを取るようにしましょう。そうすることで筋肉の疲労回復も早くなりますし、筋肉を成長させ美しい身体を作ることにもつながります。

【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!

頑張った後のご褒美

もちろん、一生懸命走った後に、甘いお菓子をあげることもよいです。
「頑張ることはいいことだ」というプロセスをしっかり子供の脳にインプットさせることはとても大切です。

そうすることで、自然と勉強含めあらゆる物事を頑張るようになります。

お菓子に限らず、好きなゲームをプラス30分多くできる・・・などでもご家庭で決めてみてはどうでしょうか?

もちろん、「ただやっただけ」という中途半端な頑張りの時は、どんなに駄々をこねてもご褒美はあげないようにしましょう。

そして、マラソン大会当日、ご両親が応援に行けるときは積極的に行きましょう。

そして大きな声援を送り、終わった後は結果がどうであれたくさん褒めるようにしましょう。

人前で、そしていつもと違うコースを走るということは、子供たちにとって精神的に大きな負担です。

走りきるだけでも大変なことです。また、持ち前の力を発揮するには慣れが必要です。

終わりに

子供は親の真似をするのが大好きです。

マラソン大会は常日頃から両親が子供たちのいいお見本になっているのか再確認するいい機会です。

家族を見直すいい機会として活用されてみてはいかがでしょうか。

子どもの成長をかたちに残そう!ビスタプリントのフルフラットフォトブック!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.