子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

ゲームとのつきあい方を知れば親も受け入れることもできるかも!エピソード編

「今度の誕生日にゲーム買って」「友達のうちにはゲームがあるのに、なんでうちにはないの?」どこの家でもこんな子供の質問に答えなければいけない日があったのではないでしょうか?

まだその質問をされてなかったとしても、どの親もいつかこの「ゲームと子供」の問題に直面するはずです。

今やゲームはテレビ、洗濯機と同じようにどこの家庭でも当たり前にある電子機器になりました。
たとえ、ゲーム機が家になかったとしても、スマートフォンを通じてゲームを簡単にできるようになっています。

ゲームは子供によくないの?

「ゲームは子供によくない」とよく言われますが、すでに「存在」しているものを無視して生きていくことはできません。
どんなものにもメリットデメリットの両面が存在します。

ゲームをどのように子供たちの日常生活に取り込んでいくのが重要です。

今、ゲームには様々な種類があります。将棋やチェスなどゲームの内容を知っている対戦相手がいないとできないような知育ゲームが簡単にできるのは、ゲームの最大のメリットでしょう。

また、年齢に応じた知育ゲームもたくさん存在し、英語や色、数字を楽しく覚えることもできます。

今後の学習に役立つような知育ゲームは、机の上で勉強するよりも子供たちが積極的に取り組んでくれるので活用してもいいのではないでしょうか。

もちろん、その分「書く」力が落ちるので、それだけに頼るのは良いとは言えません。
運筆の練習時間をしっかりと確保したうえで、各家庭で賢い使い分けをしていくことが重要でしょう。

一方、楽しむゲームは知育ゲームよりも数多く存在し、中には攻撃的なものや残虐なものもたくさんあります。

こういうゲームは子供の感覚を麻痺させ、現実とゲームの世界の境界線を曖昧にさせてしまいます。

また、ゲームは「頭を使う」という作業をしないため考える力が落ちてしまうこと、依存しやすいというデメリットがあります。

親はゲームはただの「ゲーム」であり、一つの「おもちゃ」でしかないことをしっかりと教えることが大切です。

我が家は子どもが小学生低学年の時にゲームを始めました。それまで何度も「ゲームを買ってほしい」という話をされましたが、買うつもりはありませんでした。

「学校で友達の話についていけない」と相談された時も、「うちはうち。みんな、それぞれわからないことがあるのは当たり前」と動じませんでした。

ですが、このIT時代、コンピューター機器やゲーム機を全く触らずに大人になるのはいいことなのだろうかという疑問にぶち当たりました。仕事でコンピューターやスマートフォンを使いこなすのは、今や当たり前です。
子供たちの将来を考えて、ゲームというおもちゃを子供の世界に迎えいれることにしました。

我が家はゲームをするための条件を設けました。月曜日から土曜日まで学校の宿題と家の宿題をしっかりすること、知育ゲームは毎日1時間していいこと、ただし、好きなゲームは日曜日のみ1時間としました。

条件を満たさない場合は、一切ゲームをさせないようにしました。また、友達とゲームをすることは禁止しました。

息子がゲームを始めた日はとても興奮していました。
やめる時間になってもなかなか止められず、止めた後も「こんなゲームがあった」「ここでこうなった」というようなゲームの話ばかりをしていました。しかし、私たち親はその話に積極的に参加しないようにしました。

また、ゲームという存在を通じて、子供は勉強をしっかりするようになりました。
学校で友達がゲームの話をしているときに話が分かるようになったことも喜びました。

チェスや将棋など対戦相手がいないとできないゲームを一人でできるようになり、チェスの試合で2位になることもできました。息子も娘もゲームを私たち両親と一緒にゲームやりたがりました。

しかし、私たちは一切参加しないようにしました。そうすることで、「ゲーム」という「おもちゃ」を特別扱いしないようにしました。

1カ月後、息子と娘のゲームをする時間が次第と減っていきました。
ゲームは日常生活に普通の「おもちゃ」として溶け込み、子供たちが気の向いた日に遊ぶものになりました。

まとめ

「ゲーム」は悪くもよくもありません。親がどのように「ゲーム」と接するかによって、子供は「ゲーム」の存在を悪くもよくもします。上手に使いこなし、子供たちにとって「ゲーム」のメリットを生かせる道具にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.