子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

保育園から学童へ。安心して学童に入るため知っておきたいこと!

お子さんが保育園や幼稚園、こども園を卒園し、いよいよ小学生になると、お子さんもご両親も新しい生活にわくわく、ドキドキされることかと思います。

小学校にあがるまでは、ご両親が働いていても保育園なのでは延長保育を申し込めば、夜の7時頃まで預かってもらえたりと働くご両親にとっては、本当にありがたいですよね。

しかし、小学生になると3時頃に学校が終わり、自宅へ帰ってきても、おうちにはお母さんもお父さんも仕事でいない、またいないということは自分でカギを持ち歩かなければいけない状況になります。

ご両親にとっても、小学校にあがったばかりのお子さんにカギを渡すのは多少なりとも不安もあるかと思います。

また、しっかり下校ができているのか、放課後は何をして過ごすのかなどお子さんはもちろんご両親も心配になりますよね。

そんなお子さんとご両親をサポートしてくれるのが学童保育です。
上手に学童を使い、少しずつ子供の自立を見守っていきましょう。

乳幼児教育のための資格なら『ギフト教育』

学童とは・・・

学童は地域などによっても異なりますが、自治体から補助金があたり、その補助金と学童の利用料によって運営されています。

学童には、中心となる先生の他、パートの方などが先生として、放課後こどもを見守ってくれます。

学童によっても異なりますが、免許などをもたいない方もいらっしゃれば、保育免許を持っている方もいたりとさまざまです。

もちろん、学童には保護者会というものがあり、毎年会長や会計などの役割が学童を利用する保護者に割り当てられるところもあります。

基本的には、小学校の校区内の学童を利用することが多いかと思いますが、選ぶことができる場合はこの保護者の役割の有無や負担なども考慮してもいいかもしれません。

働いている保護者の方が多いので、役割についてはいろいろな考えがあるかもしれません。

「学んで楽しい!」「知って納得!!」子育ては『ギフト』で学ぼう

こどもたちは何をして過ごすの?

学童に行くと、宿題をする時間が設けられているところが多いです。

また、習い事をしている子供は、学童でおやつなどを食べてから各自で習い事に行き、学童に戻ってくることもできます。

基本的には宿題をして、おやつを食べて、あとは学童内や近くの公園などでお友達と遊ぶことが多いです。

学年もさまざまなので、ここでいろんな学年の子とお友達になることも多いです。

低学年の頃は、お姉さん、お兄さんに遊んでもらうことができ、ある程度大きくなると次に小さな低学年の子のお世話をしたりと小学校とは違った人間関係を学ぶことができます。

やはり、大人の先生の目があるだけでも親として安心ですし、下校中のけがなども応急処置をしてくれます。必要に応じて病院への受診が必要と判断された場合は、両親に連絡が入るので働きながらでも安心できます。

いいことばかり?

学童に預けれいればそれだけで100%安心かと言えばそうではないこともあります。

やはり、お友達との距離が違い分だけけんかなどのトラブルはつきものですし、学童の先生になれてくるとこっそりといたずらなどをすることもあります。

大勢の子供がいるので、先生がすべてを把握することは困難です。

家に帰ってきたら、しっかり学校、学童の話を聞くことをお勧めします。

created by Rinker
ファニーズ
¥1,093 (2019/09/19 15:52:13時点 Amazon調べ-詳細)

学童によってもいろいろ異なる

学童によっても月謝や行事の有無などは全く異なります。

夏休みなどのお弁当を注文することもできますが、その注文先はそれぞれの学童に一任されています。

現在の社会では、お父さん、お母さんともに働く共働きの家庭がとても多いと思います。

学童保育は働くご両親、またお子さんにとっては安心を与えてくれる場所です。

ただ、すべてを学童の先生にお任せでは、何のために働きながら一生懸命子育てをしているのかわからなくなります。

預けるからには、自宅で家族団らんにの時間をとても大切にする必要があると感じます。

学童は働く尾登宇さん、お母さんの強い味方になってくれる場所だと思います。

また、お子さんにとっても自立の第一歩を踏み出す場所であるので、上手に学童を利用して安心、安全にそして多くの大人に見守られながら愛を育んでいきましょう。

『ギフト教育』を学ぶと子育てがラクで楽しくなる


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.