子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

夏休み自由研究人気ランキング

夏休みの宿題、特に自由研究は多くの小学生の悩みです。

気になることがあれば、それをテーマにすればよいのですが、低学年の子どもだとなかなか思いつきません。

そこで多くの小学生たちがやってきた、人気の自由研究をランキング形式で調べてみました。

低学年でも取り組みやすいテーマばかりです。
ぜひ参考にしてください。

科学的根拠に基づいたカリキュラムが学べる『ギフト教育』

1位 塩を使ったアイスキャンディー

冷凍庫は使わず、氷と塩を使ってアイスキャンディーを作ってみましょう。
できた後は食べられます。

用意するもの

・氷 1キロ
・塩 350g
・ジュースまたはヨーグルト
・割り箸や竹串(竹串は袋を破らないよう注意)

実験方法

1 細長い入れ物またはポリ袋にジュース(ヨーグルト)を入れ、そこ割り箸などの細長い棒を入れる。
※ポリ袋の場合は輪ゴムで棒ごと口を閉じる

 

2 ボウルまたは大きな袋に氷と塩を入れ、1を入れる。

 

3 温度、中のジュースの様子を時間ごとに観察する。

 

4 なぜ冷凍庫に入れなくてもアイスキャンディーができたのか調べる。

うまく固まらない時は、チャック付きのポリ袋に入れて実験してください。

塩は水と混ざると温度を下げるという性質を持っています。

室温に置かれた氷が溶けて水になると、一緒に入っている塩と混ざるので、室温でありながらも冷やし続けることができます。

食塩が混ざった水、食塩水はマイナス20℃くらいなら凍ることはありません。

このような食塩水の性質も一緒に調べてまとめると良いですね。

できたアイスは写真に撮ってから美味しくいただきましょう。

2位 沈む1円玉

こちらも家にある手軽なツールでできる実験。

1円玉が水に浮くのは大人であれば知っていますが、なぜ浮くかは説明できますか?

そして「ある物」を加えると沈むのですが、それな何でしょうか…

用意するもの

プラスチックコップ(透明なコップ)
・水
・1円玉
・台所用洗剤
・ピンセット

1 コップに水を8分目くらいまで入れます。

 

2 1円玉を水面に乗せるようにして浮かべます。浮いた様子は写真に撮っておきます。

 

3 台所用洗剤を1滴入れます。

 

4 1円玉が沈んだ理由を調べます。

1円玉が水に浮くのは、水の表面張力があるからです。

台所用洗剤には、汚れを落とす「界面活性剤」という成分が含まれています。

この界面活性剤が表面張力を弱めるはたらきがあり、1円玉が沈みます。

界面活性剤が含まれている日用品は他にもたくさんありますね。

台所用洗剤の他、色々な液体で試してみましょう。

3位 昔の遊び調べ

今の小学生とお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんの時代の遊びはまったく違いますね。

身近にいる色々な世代の人から、小学生の頃はどんな遊びをしたか聞いてまとめてみましょう。

用意するもの

・筆記用具
・発表用のレポートや画用紙
・遊び道具を再現する時の道具

調査方法

1 お父さんやお母さん、おじいさん、おばあさん、お兄さんなど身近な人の子供時代の話を聞いてみましょう。

 

2 聞いた話をまとめます。

 

3 実際に遊んだおもちゃを作ってみたり、友達と遊んでみたりして感想を書いても良いですね。

4位 植物観察日記

植物を実際に育て、成長過程を書いて行きます。

朝顔など小学生でも育てやすい花がおすすめです。

水やりも兼ねて観察させると、夏休み中でも早起きの習慣が続きますね。

メジャーな自由研究ですが、長期に渡って観察日記を書く必要があります。

途中で植物が枯れてしまったり、面倒で観察を止めてしまったりすることがあります。

大人が声掛けして継続していきましょう。

用意するもの

・観察する植物
・筆記用具
・観察ノート

1 毎日観察する植物の様子を書いていきます。小さなことでも気になったら書きましょう。絵や写真を入れます。

 

2 芽が出た、つぼみが出たなどの植物の推移をわかりやすくまとめます。

例 植えてから○日で芽が出た、双葉が出たなど。

 

3 花や葉の大きさ、色など特徴も観察しましょう。

5位 日時計

身近な材料で日時計を作ることができます。

用意するもの

・土台にする段ボールや箱
・厚紙
・コンパスなどマルが描ける道具
・ペン
・のり
・割りばしなどの長い棒

1 紙いっぱいにマルを描きます。

 

2 1を土台に張り付け、マルの中心に棒を立てます

 

3 2を日陰にならない場所、もしくは北極星の方角に向けます。

 

4 1時間ごとに棒の影の位置を記録していきましょう。

 

5 日が差している写真もあると良いです。

日の出の時間から日の入りの時間まで実験を行ってください。

棒は中心に穴を開けて差したり、洗濯ばさみにはさんで中心に固定するなど工夫します。

自分が住んでいる土地の緯度に合わせて日時計の角度を調節するとより正確な時間が計れます。

影は1時間につき15℃ずつ変化していきます。

時間が分からないと、暮らしがどう変わるか考察しましょう。

まとめ

家庭であるものでできて、しかも1日ほどで終わる実験が人気です。

危険な薬品や難しい道具を使っていない研究もおすすめです。

刃物や洗剤などを使う時は、大人が一緒についてあげると安心です。
「学んで楽しい!」「知って納得!!」子育ては『ギフト』で学ぼう



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.