子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

子どもには、英語を効率よく吸収させるにはいつから習ったらいい?

今までは小学校で半分遊びの様な内容でAET(アシスタント・イングリッシュ・ティーチャー)と英語を楽しんでいましたが、現在では英語の重要性がますます叫ばれ、高学年から小学校でも正式な英語の授業が始まりました。

また、お子さんの習い事でもピアノと水泳に次いでトップ3に入るのが英語や英会話の教室です。

一方、まず日本語をしっかり身に着けてから英語を習うべき、という説もあります。

これでは親御さんも迷ってしまいますね。
特に自分が英語が苦手だった親御さんは、将来お子さんが英語で苦労しない様にという親心もあるでしょう。

そして、反対に幼児から英語を習わせると、日本語が疎かにならないかという心配も出てきますね。

一体、幼児期からの英語学習は良いのでしょうか、良くないのでしょうか。

幼時から英語を習うときれいな発音になる

英語は「音楽だ」とよく言います。

実際日本語と違ってメロディを感じませんか?
このことがわかると大人でも英語の発音がぐんと良くなります。耳が良い方が勝ち、ということです。

幼児の英語教育は遊びながらが原則ですね。特に幼児の耳は素直なので、ネイティブの発音を聞いていると、とてもきれいな発音で英語を(単語や短文を)話すことが出来るようになります。

その意味では、「英語の授業だ」と構える前に、英語の読みを指されても恥ずかしがってカタカナ発音をしてしまう中学生になる前から、英語を発音する・話すことに慣れていると、英語の文法等の勉強もスムーズに捗るという利点もあります。

帰国子女の話

一方自分が帰国子女である人の殆どは、自分の子供を幼児の時から英語教室に通わせたり、家の中で英語を使って話したりはしません。

結婚相手が英語圏の人は別ですが、日本人同士の結婚の場合はこの話をよく聞きます。

理由はやはり、「日本語をしっかり話せるようになってから」です。
外国で育ち、漢字や日本史の勉強で苦労した彼等ならではの考え方でしょう。

また、日本語と英語が話せると、私達は「バイリンガル」と呼びますが。帰国子女達に言わせると、「2~3歳の頃から英語を話すだけでなく、その国の物の考え方まで理解していないとバイリンガルでは無い」と言います。

つまり、真のバイリンガルとは、言葉だけではなく、日本と西欧両方の物の考え方や風習まで理解していないといけないようです。

英語を話せるだけでは大きくなってもあまり役には立ちません。

自分の思考力を持ち、自分の意見を話せることが何より大事です。それが出来てから英語を習っても遅くはないでしょう。

【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!

では、どうしたらいいの?

まず、お子さんに英語を学ばせたいと思ったら、実際に英語教室に通わせてみると良いでしょう。

しばらく様子を見て。お子さんが嫌がるようなら一旦辞めましょう。
ここで、「英語は将来為になるのに」という親心で無理強いをしてしまうと、お子さんは英語嫌いの子になりかねません。

少し間を開けるか、小学校で習うまで待ち、それから中学生になったら英語のごく簡単な本を自分で訳すと英語力はかなり付きます。

そして、高校生になったら2~3週間で良いので、英語圏へショートステイしてみると、外人と話すことに抵抗がなくなり、発音も良くなります。

中学3年間の英語をしっかり勉強すれば外国人と話せる

「中学3年間の英語をきちんと勉強すれば、外国へ旅行に行ったり転勤になっても取り敢えずは大丈夫。」
これは外交官や海外勤務の日本人が言うことです。

英語を早め早めに、と焦らず、中学生でしっかり勉強すれば必要最低限の力は付くということです。
後は、実際に外国人と話す機会を持てば、英語を話すことに臆することもなくなります。

まとめ

これからは英語が話せることが当たり前という時代になるでしょう。

しかし、「英語が出来ても仕事が出来ない」では、あまり意味がありません。

企業で最も採用されないのは「英語は出来ても仕事が出来ない」人です。

そして、驚くことに、こういう人よりは「英語も仕事も出来ない」人の方が、実際採用される確率が高いのです。

「英語を話す」だけでなく、大事なのは「英語で(自分の意見を)話す」ことです。
特に西欧人と話す時は、自分の意見を持っていないことは致命的です。

どんなに英語の発音が良くて会話が上手でも、自分の意見が無ければ友人関係も仕事も広がっていきません。

幼児期に英語に触れるのは良いことですが、遊び程度と考えて下さい。
まず、日本語と日本の文化をしっかり理解することは意外と大事なことです。

外国に行ったら、外人は日本について詳しく聞いてきます。それについて答えられないのは恥ずかしいことですね。

英語はお子さんが興味を抱いた時点からでも遅くはありません。

興味を持ったり必要に迫られればどんどん上達していきます。

幼児の頃は英語は楽しむ程度と考え、家では日本語の絵本を親御さんが読み聞かせたり、自分のことは自分ですることや、お友達との関係も自分で考えて解決するようなことの方を大切に考えてあげては如何でしょうか。

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.