子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

子どもが自転車に乗れるコツ

 

我が子の自転車デビュー!

お気に入りの自転車を購入し、いざ乗せてみたところ「全然こげない」「どうやって練習させたらいいかわからない」とお困りではないでしょうか。

補助輪をつければ簡単ですが、外すと平行バランスを取るのが難しく、見守るママも怖くて手を差し出してしまいますよね。

初めての自転車は、恐怖心も邪魔をして体が固くなってしまいがちです。上手く乗れるように、上手にサポートしてあげましょう。

子どもが自転車に乗れるようになるまでのステップとして、練習方法とコツをご紹介します。

子どもに自転車の練習を安全に行うための準備

まず、小さなお子さんが自転車に乗る練習をするために必要なものがそろっているか確認です。

・ヘルメット
・膝あて、肘あて
・長ズボンなど動きやすい服装

自転車を購入する際に、販売店でもすすめられたと思いますが、転倒時の万が一にそなえてヘルメットを着用しましょう。

膝あてと肘あても、擦りむきによる傷と打撲から身を守ってくれる大切な道具です。子どもが嫌がることもありますが、お約束ごととしてよく言い聞かせてくださいね。

服装は普段着で良いですが、短パンやスカートだと怪我をしやすいのでおすすめしません。

また、裾の広がったデザインの洋服を着ていると、車輪に巻き込むおそれがありますのでご注意ください。

自転車のサドルの高さは、足が地面について立てるくらいに調節します。

高すぎると自分で止められずとても危険ですし、低すぎても脚があまって乗る練習が上手くできません。

自転車に乗れるようになる練習

自転車に乗る醍醐味は、「両足を使ってスイスイと風をきるように進む」ことですよね。

そうなるには時間がかかりそう…… と諦めず、次のことをお試しください。

サドルにまたがりしっかりとハンドルを握ったら、地面を歩かせるのです。漕ぐのではなく、自転車の重さと座り心地に慣れてもらいます。

一見、意味のない練習に見えますが、これは平行バランスを掴むのにとても効果的です。

慣れてきたら、少しスピードを出してみたり、1歩の幅を大きくしてみましょう。

スーッと長く乗ることができたら大きな進歩です。意識せずに、自然と自転車の重心をつかめてきた証拠ですから、励ましながら歩く練習を続けてくださいね。

コツは「頑張れ」ではなく「できてる」の自信付け

次のステップは、ペダルに足をかけてぐいっと下に押すことです。

ひと漕ぎだけの練習を続けて、左右にブレることなく進める進めるようになったら、もうひと漕ぎしてみます。

この時、ママの応援は「頑張って」ではなく「できてるよ」の方が、子どもの自信に繋がります。

親に認められることで満足感が得られ、もっと頑張ろうという意欲が湧いてくるのです。

ママも成果を言葉に出して褒めてあげると達成感が実感できますし、子供の喜ぶ姿を目の当たりにして晴れやかな気持ちになるでしょう。

「頑張って」を重荷に感じて練習が嫌にならないように、上手くメンタルコントロールをしてあげてください。

サドルを押さえる練習方法はダメ?

昔から知られる子どもの自転車練習のコツとして、サドルを親が押さえて一緒に進む方法があります。

これで乗られるようになるお子さんもいらっしゃいますが、いつまでも支えを求めてきたり、自信を損失させてしまうことがあります。

先にご紹介した方法で上手く行かなかった時は、乗れている疑似体験をさせるつもりで、サドルを補助してあげてみましょう。

まずはひと漕ぎを目標に

子どもが自転車に乗れるコツについてご紹介しました。

「早く乗りたい!」お子さんは気持ちをおさえられず、練習をせずにいきなり乗りたがると思います。

覚えてしまえばいくらでも乗りこなせますから、慌てないで親子二人三脚で訓練しましょう。

サドルにまたがって歩けるように慣れば、次からのステップは意外とすんなり進んでいきます。まずはひと漕ぎを目標に、気負いせず楽しんで取り組んでくださいね。

created by Rinker
My Pallas(マイパラス)
¥5,780 (2019/09/18 23:06:19時点 Amazon調べ-詳細)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.