子育てと投資のブログ!!優待銘柄、米国株(ETF)、ふるさと納税について紹介

一人っ子のメリット・デメリット。どう育てる?

近年、一人っ子が増加しています。

兄弟がいないと、周りの人達に「かわいそう」「二人目は?」って言われるし、子育ての上でも心配なことって多いですよね。
そこで、一人っ子のメリットやデメリットをまとめてみました。

「学んで楽しい!」「知って納得!!」子育ては『ギフト』で学ぼう

1.一人っ子のメリット

時間やお金をかけられる

一人っ子だと、じっくり子供に向き合えるんですね。

一人の子供の話をたくさん聞いてあげられるから、日頃は表に出さない本音や悩みごとまで話してくれる時があります。

友人の話では、息子とは小学生の頃から対話を積み重ねているからか、いざ思春期になった今も、母親の私に深い話までしてくれるといいます。

同年代の子供を持つお母さん方に「うちの子は全然しゃべってくれないよ」とよく驚かれるそうですが、、。

あと教育資金。

一人に資金を注力できるのは大きいです。
塾代や模試代だけでも大金が必要ですし、高校や大学への進学もかなりお金がかかります。

一人っ子だから、子供のやりたいことをお金の面で我慢させなくて済みそうです。

素直でしっかりした子に育つ

家でも一人で過ごす時間が多いので、集中して物事に取り組むことが増えます。

また、兄弟にもまれないためか素直に育ち、しっかりした性格になる傾向があります。

大人に囲まれて育った子は、物怖じしないで大人に対応するので「しっかりしてるね。大人びている」と小さい頃からよく言われるようです。

親を大切にする傾向がある

一人の子供に親の愛情を充分注げるので、親との信頼関係がより親密に築けます。

その結果、兄弟がいる家庭よりも親を大切にする傾向があるのだとか。

実際、私の知る一人っ子は親をメチャクチャ大切にしています。

普段は憎まれ口ばかりだそうですが、いざという時は絶対に親の味方だそうです。

忙しい時や体調の悪い時は心配してくれるし、小学生の頃から買い物に行ったりご飯を炊いたり、また洗濯物を取り込んだりして助けてくれると聞きます。

2.一人っ子のデメリット

兄弟にもまれないと身につかないことがある

下の子の面倒を見る、おやつやおもちゃを分け合う、意地悪された時の対応。

こういったことは、兄弟関係の中で自然と身についていくものです。

しかも友達と違って、兄弟は疎遠になれない関係。

一人っ子は兄弟との摩擦や助け合いを経験しないので、対人関係でうまくいかないことがあります。
でも、話して教えるには限界がありますよね。

親の目が届きすぎる

一人っ子だと子供の一挙一動が目につくもの。良くも悪くも子供に干渉してしまいがちです。

友人の場合、息子が小学生になっても手を出してあれこれ世話を焼いていました。
兄弟がいない息子は親に甘えてくるので、ある時「過保護だ。それに子供を監視しすぎ。いちいち注意しすぎ」と先輩ママに指摘されたと話していました。

親に依存して何もできない子供になってしまうし、子供も監視されすぎて息が詰まると。

多少は子供を放置して見守り、自立心を養うことが必要だったんですね。

頼れる兄弟がいない

一人っ子はよく兄弟に憧れます。友達の兄弟関係を見て、羨ましさと同時に寂しさを感じるようです。

また将来親が先立つことを考えると、兄弟はいざという時に頼れる頼もしい存在です。

一人っ子には相談したり頼ったりする兄弟がいません。

3.一人っ子をどう育てるか

異年齢の子供と交流する

兄弟は目上と目下の関係。大人の社会も同じく縦の関係です。
しかし一人っ子はそれを学ぶ機会がありません。

でも学童保育や習いごとで異年齢の子供と触れ合う機会が多くなると、変化が現れるようです。

赤ちゃんをあやしたり、幼い子供の手を引いたりするように。目上に対しては敬語に変わったんです!

異年齢の子供と触れ合うことで、縦の社会での関わり方を学んでいくようです。

ダニ・ハウスダストにふとんクリーナーレイコップ

期待しすぎない

親の期待が一人の子供に集中してしまいがちです。

でもあまり厳しくすると、子供は親の顔色をうかがうように。期待の重圧に疲れて、自分に自信が持てなくなってしまいます。

子供に習いごとをさせたい、いい学校に入ってほしい、将来こんな職業に就いてほしい。
様々な夢や期待があると思いますが、子供に押しつけないようにしましょう。

子供の言い分や将来の夢を聞いて意思を尊重し、成長を見守っていくと、子供はのびのびと育ちます。

特別じゃなくていい。自信を持って

一人っ子には不安や心配がいっぱいあるけど、悲観しないで。

周りにいる一人っ子を見渡してください。

一人っ子でも立派に成人している方はたくさんいるし、気遣いのできる人格者だってたくさんいます。

特別な子育てが必要なわけじゃないんです。

まとめ

「一人っ子でごめん」「かわいそう」と申し訳なく思うより、前を向いて、堂々と子育てしてください。

年齢が上がれば、子供は自然と学校や交友関係等の中から社会との関わり方を学び、身につけていきます。

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ



子どもの成長をかたちに残そう!ビスタプリントのフルフラットフォトブック!
脳科学者と臨床心理士がつくった「ギフト教育ラボ」がイイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.